隊商について

ドイツの児童文学作家、ヴィルヘルム・ハウフの「隊商 -キャラバン-」という本をおすすめしました。

→こちらに掲載していただきました

 

「額縁物語」という構成様式で、短編の連作が大きいストーリーのなかに組み込まれた入れ子構造になっています。

その構成の取り扱い方がとても巧みで、読み終わったときにすごくおもしろかったなあとしみじみしました。

中学生のときに読んだスーザン・プライスの「ゴースト・ドラム」がたしか入れ子構造になっていて、やはりすごくおもしろかったなあと感じてしみじみしました。

私はレオン・バクストや1920年代ごろの西洋における東方趣味の世界が大好きなのでオリエンタリズムの世界観なのもうれしいです。

大きな物語の中に小さな物語が粒ぞろいにぎっしり詰まっているという構成はなんとなく「源氏物語和歌色紙貼交屏風」や「 三十六歌仙図色紙貼交屏風 」みたいなイメージがわきます。

 

ハウフは24歳ごろこの超おもしろい物語を書いたというのですが、なんと25歳で亡くなってしまったので本当に惜しいと思います。

もっともっと100も200もおもしろいお話を書いて残してくれたならどんなによかったかなあ、とかせんないことを考えてしまう。

| お知らせ | 03:04 |
10月
去年もお正月から秋までブログの時間が飛ぶという体たらくだったんですが、なんとまたしてもお正月のご挨拶から10月まで時間が飛んでしまいました。ま、まったく成長を感じられない!

もともとこのブログは動きが全然ないことで私の中では有名なのですが(すみません)、何もしていないわけではなくてSNSのほうにちょっとしたことは書いています。
インスタグラムtwitterが主です。
Facebookもほとんど動きがないので、記事の更新があるほうが楽しいという方には申し訳ないことです。

SNSは好きなのですが、次々に流れてくる意見やシェア情報や告知事項を見ていると自己嫌悪になったり恐ろしくなったりしてめちゃくちゃに疲れてしまうので、インスタグラムで無言でタグだけつけて絵をUPしてる人や外国人のアーティストの作品を見るのが性にあっているようです。

2015年からPhotoshopで描けるようになることを目標にしていましたが、仕事も出来る程度には描けるようになったので、今年は春ごろからまた再び切り絵を再開しました。やっぱりとても楽しい。世田美のエリック・カールの展示もすばらしかったしやはり好きです。
ギャラリーまぁるさんの5月のチャリティ展にカメラの切り絵を作って出品しました。→●

夏は展示のために「透明な絵」に取り組んでなんとか形になりました。展示の直前期にインフルエンザになって休みに来た妹と姪の世話を焼いていたらうつされてしまい、体調がどん底、スケジュールもひどく乱れて健康はとても尊いと思い知らされました。

「透明な絵」は以前から暖めていたアイデアで、プリンタ用の透明ラベルにテクスチャーをプリントして、プラ板や塩ビ板に切って貼っていくという技法です。
Photoshopでモニタを通してRGBで描くことによって透過光の概念を獲得したので、実際に作品にしようというところにこぎつけたんだと思います。
そういえばちょうど今年のお正月に「今年はこのアイデアを発展させたい」という目標にしていたので展示するレベルにまとまってよかった。
作品は今のところインスタグラムにしかないのですが、
あんまりこういう作品をやっている人はいないと思うので、見ていただけるとうれしいです。

https://www.instagram.com/papermosaic/

もっとよりよい作品ができるようになっていきたい。
 
| memo | 02:10 |
映画と風邪とパラドックス

ときどきこのようにレイアウトしたものを載せていきたいと思っています。

内容はともかく、絵の使用サンプルみたいなものです。

文がもっとうまければよかったな〜と思います。

それにしてもヒロインなのにジンの服の色すごい地味ですよね。

| コラム | 03:55 |
2017年

あけましておめでとうございます。

昨年末の展覧会はおかげさまで大盛況のうちに幕を閉じることができました。

お運びくださった方、本をご購入いただいた方、ギャラリー様、

朗読の皆様、協賛企業様、デザイナーの皆様、イラストレーターの皆様に厚く御礼申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

展示の直後より風邪を引いて大掃除も年賀状もできないまま年を越してしまいました。

まだ寒い季節ですので皆様もお体には十分お気をつけてたのしいお正月をお過ごしください。

| 季節のご挨拶 | 20:47 |
展覧会はじまっています

初日まで慌ただしく過ぎてしまったのですが、

参加している展覧会がはじまっております。

13日に参加メンバーを中心にオープニングパーティーをしました。

あまり飲まないのですがお酒が残っていて二日酔いしていますが、

たのしかったです。

 

●宮沢賢治 十二色の絵本展

 

2016年12月13日(火)〜12月25日(日)
12:00〜19:00 最終日16:00 月曜休廊

 

“12人の装画家がそれぞれ宮沢賢治の作品を色のイメージを考えながら十二作品選び、
12人の装幀家とそれぞれチームを組んで十二冊(十二色)の絵本に仕上げました。

本の表紙絵と挿絵と十二冊(十二色)の絵本の展示をします。”

 

私は「やまなし」の作画で参加しています。

会期が長いので是非遊びにきてください。

 

| 展示 | 13:08 |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
CATEGORIES