コンペ

今年(2016年)の東京装画賞の結果が出ました。
今回も応募していたんですが、結果はあまり思わしくなかったです。

一次通過者リストのかなり下の方に名前がありました。

 

去年は2点出して2点とも受賞&入選という結果をのこしたので、

ほんとは今年はもっといいといいな…と思っていました…

 

なんとなく去年より全体のレベルが上がったのかなと思いました。

来年はもっと上がっていくのかもしれません。

 

個人的には応募作2点は描き終わった時、

「これはかなりかわいくできたのですぐにSNSとかに上げられなくてもどかしい」

と思う感じだったので見ていただけたらうれしいです。

 

結果があまり良くなかったので当然敗因を考えたりもしますが、

私が描いたものが上手いか下手かみたいなことより、

そのとき集まった絵全体のなかでどうなのかということが基準になるのかなと思うので、

あまりがっかりしないようにしたいです。

 

絵そのものはたのしく描けたし出来も個人的には気に入っているので、

今回は結果ではなくプロセスと経験に価値があったのではないかと思いました。

| 作品 | 00:07 |
20138月に行ったグループ展「」に展示した作品群です。
美しい花、かわいい花というイメージよりも、変な花、変わった花の「形状」にフォーカスしようと思って資料を集めました。


構造に寄って断面図とかを何枚か描いたのですが、なんかマニアックすぎるのではないかと思っていろいろな形の花の絵を描くというところに落ち着きました。
変な形の花でも素直に描くだけで明るく華やかになったのでいいテーマだったと思います。



| 作品 | 16:29 |
郷土玩具

20141月に行ったグループ展「Local」に展示した作品群です。

Webでは一つひとつにバラしてありますが、元は6点をB1パネルに収めたものでした。

大きい絵は展示したとき見栄えがして、作業時も細かいところまで思い通りに手を入れられるのが利点なのですが、自分の家は普通の容積の家なので1m超のパネル3枚の置き場所がなく、サイズが大きいとスキャンしたりするような展示後の作業時に取りまわしが非常にしづらいので今はバラバラになっています。

Local」というテーマについて最初に考えていたのは「ここではないどこか」という架空の島みたいなものの絵でした。
「旅人の木」の左右につながるものにしようかな、などと考えていたんですが、それだとなんか同じイメージ焼き直しで幅が広がってない感じがする……と思い直して前から興味があった郷土玩具のほうに目を向けることにしました。

年明けすぐの展示だったのでおめでたいお正月的空気感も放出できてばっちりハマったのでとてもよかったと思いました。



| 作品 | 19:03 |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES