紅はこべについて

バロネス・オルツィの「紅はこべ」をおすすめしました。

→こちらに掲載していただきました

 

私は結構フランスの騎士道ものみたいなジャンルが好きらしく、「シラノ・ド・ベルジュラック」や「三銃士」なんかにハマッていたこともあるのですが、紅はこべは女性が書いた女性が主人公の物語です。

「紅はこべ」を先に読んでいて、ある日たまたま「二都物語」のあらすじを図書館で見たら、紅はこべとあらすじが似ている…?

「これはオルツィ夫人が二都物語に感銘を受けて紅はこべが書かれたからです」というようなことが解説に書いてあったのですが、ギロチンの横でコロコロ転がってきた貴族の首から髪の毛を切り取って結びつけてコレクションしている鬼婆の集団みたいな熱狂が実際にあったのかと思うとフランス革命時代本当にすごい。

冒険物語でもあるし、セクシーなシーンはないけどハーレクインのご先祖様みたいな感じもちょっとします(悪い意味ではありません)。

「二都物語」の結末は重たくて胸を打たれますが、こちらは読みやすくて明るく楽しい読後感です。

私も気持ちのいい夜に馬車でドライブしてみたい。

| お知らせ | 03:28 |
隊商について

ドイツの児童文学作家、ヴィルヘルム・ハウフの「隊商 -キャラバン-」という本をおすすめしました。

→こちらに掲載していただきました

 

「額縁物語」という構成様式で、短編の連作が大きいストーリーのなかに組み込まれた入れ子構造になっています。

その構成の取り扱い方がとても巧みで、読み終わったときにすごくおもしろかったなあとしみじみしました。

中学生のときに読んだスーザン・プライスの「ゴースト・ドラム」がたしか入れ子構造になっていて、やはりすごくおもしろかったなあと感じてしみじみしました。

私はレオン・バクストや1920年代ごろの西洋における東方趣味の世界が大好きなのでオリエンタリズムの世界観なのもうれしいです。

大きな物語の中に小さな物語が粒ぞろいにぎっしり詰まっているという構成はなんとなく「源氏物語和歌色紙貼交屏風」や「 三十六歌仙図色紙貼交屏風 」みたいなイメージがわきます。

 

ハウフは24歳ごろこの超おもしろい物語を書いたというのですが、なんと25歳で亡くなってしまったので本当に惜しいと思います。

もっともっと100も200もおもしろいお話を書いて残してくれたならどんなによかったかなあ、とかせんないことを考えてしまう。

| お知らせ | 03:04 |
名刺交換

今年の目標の一つに「100人と名刺交換する」というのがあって、

昨日ちょっと人の集まる場に出たのでどれくらいの達成率だろうか?

と思って数えてみたらすでに90人くらいになっていました。

 

1年の印象としてはけっこう引きこもっていたような気がしていて、

「点数つけるなら35点(/100点)くらい」

「この目標、とても無理でござる…!」

という空気が心の中に漂っていたのですが意外にクリアできそうです。

 

来月も人の集まりにゆき、

一年の最後には展覧会もあるので目標達成になればいいなと思います。

 

そんな展覧会のお知らせはこちらでござる…!

 

●宮沢賢治 十二色の絵本展

 

2016年12月13日(火)〜12月25日(日)
12:00〜19:00 最終日16:00 月曜休廊

 

“12人の装画家がそれぞれ宮沢賢治の作品を色のイメージを考えながら十二作品選び、
12人の装幀家とそれぞれチームを組んで十二冊(十二色)の絵本に仕上げました。

本の表紙絵と挿絵と十二冊(十二色)の絵本の展示をします。”

 

私は「やまなし」の作画で参加しています。黄緑色の担当です。

名刺を交換いたしましょう。

 

よろしくお願いいたします。

| お知らせ | 23:09 |
11月…

なんと11月ではないですか…寒い…明日は木枯らし1号とかいう噂…

もはや一年の終盤に差し掛かっていますね。

 

お知らせですが、来月展覧会があります。

 

●宮沢賢治 十二色の絵本展

 

2016年12月13日(火)〜12月25日(日)
12;00〜19:00 最終日16;00 月曜休廊

 

“12人の装画家がそれぞれ宮沢賢治の作品を色のイメージを考えながら十二作品選び、
12人の装幀家とそれぞれチームを組んで十二冊(十二色)の絵本に仕上げました。

本の表紙絵と挿絵と十二冊(十二色)の絵本の展示をします。”

 

2回の土日を挟みますので、お運びやすいと思います。

よろしくお願いいたします。

 

ブログでは昨年からずっとフォトショの練習をしてたんですが、

今見たら未熟な感じで恥ずかしいという思いが湧いたので一旦下げます。

 

今年受けた仕事はみなPCで制作したのですが、アパレル商材のカタログの表紙の絵を描いたり、

パッケージ用のパターンを描いたり、12ヶ月分の風景イラストを描いたりなどしました。

著作権ごと買い上げという形のお仕事が多く、サイトにのせることができないのでとてももったいない…

どの絵もすごく気に入った感じに描けました。

雰囲気だけですが最新の絵は今こういう感じで描いています。

 

どのようにPCを使って描けばいいのかということが実戦を経験したことで身についたように思います。

展示など原画のパワーが必要になる分野のものは以前からの切って貼っていく手法で制作し、

スピードが要求されたり、修正のしやすさが重視される印刷媒体や広告などに使用するものは

Photoshopで制作するように分けていくのがいいのかなと、今年はそういう使い分けを学びました。

 

つい1年を振り返りましたが、まだ一ヶ月あるのでもうひとつふたつ何かの成果があるといいです。

でも来年のこととかをつい考えてしまいます。

 

 

| お知らせ | 02:21 |
news…
いくつかweb上の活動を更新しました。

●2013〜の展示などの作品群をwebにアップしています。
→ ynku

●twitterアカウントが変わりました。
→ papermosa1c
長らく非公開のアカウントの方をリンクしており
ご心配おかけしました。

●tumblrあります。
→ papermosaic

ツイッターとタンブラーは
昨年の夏頃1日1枚ずつ描いていた小さいカットが
100枚くらい蓄積しています。
人物とか好きなものなどを日記的に描いていました。
量が結構あるので見応えがあるのではないかと思います。
| お知らせ | 16:15 |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES